にきび跡(痕)に市販薬は効く?肌の凸凹はどうやって治すの?

にきび跡(痕)も種類によっては自分で治すことができます

 

 

にきび痕は、赤にきびや黄にきびが完治しなかったり
にきびを放置したまま、何の対処法も取らずに時間が
経ちすぎると、赤みやシミ(色素沈着)となることがあります。

 

 

赤みやシミは、自分でも時間と手間を掛けてケアしてやれば
目立たないように改善することは可能ですが、凸凹、、、
いわゆる、クレーターとなった場合、自力で治すことは
難しくなってしまいます。。。

 

 

※ひどい凸凹にきび痕(クレーター)は、比較的男性に多いのですが
 これは、男性の皮膚が女性よりも厚いため陥没が深くなるからだと
 言われています。

 

 

にきびは、早めのお肌のお手入れやストレス解消、生活習慣の
見直しなどで、悪化する前に治してしまうことが大事です、

 

にきび痕ができるほどお肌がダメージを受けた場合は、元の状態に
戻すのに時間が掛かってしまうから。。。

 

 

では、

 

どうやったら治るか、ですが、、、

 

まず、にきび痕は薬(市販薬)で治すものではなく、自分でお肌を
ケアしてやることが大切です。

 

 

にきび痕はお肌のトラブルの中でも結構な厄介者、、、

 

 

時間を掛けてお肌に潤いを与え続けたり、紫外線を避けたりと
根気よくお肌をケアしてやることが最善策です。

 

 

正しい洗顔を行い、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を
多く含んだ化粧品でケアしてやる、ビタミン誘導体を含んだものも
いいと思います。

 

 

多少時間は掛かりますが、お肌が受けたダメージを根気よく
回復させていくことが、自分でできる最大の治療法です^^

 

 

詳しくはこちら↓↓

 

⇒にきび肌に効果がある洗顔方法

 

 

凸凹(クレーター)になっている場合は、地道に続ければ多少は
改善すると思いますが、完治させるのは難しいかもしれませんね

 

 

お肌の陥没がひどい場合は、最終的に皮膚科などで
「イオン導入」や「レーザー」などによる治療が必要かもしれません。

 

 

⇒にきび痕を隠すには?

にきび跡(痕)と薬関連ページ

ストレス解消法と大人にきび予防
ストレスを緩和し解消することが、大人にきびの予防に繋がります。
大人にきびと薬の関係
大人にきびに対して有効な薬はなんでしょう?飲み薬?それとも塗り薬?果たして大人にきびは薬で治るのでしょうか?